「過去帳は部外者に見せないで」というニュースに対して

  • 2014.05.24 Saturday
  • 01:51

先日(2014/5/16)のニュースに 「過去帳は部外者に見せないで 差別懸念、各宗派が周知」 という記事がありました。
 

記事によれば、

「寺の檀(だん)信徒の戒名(法名)や死亡年月日などを記した“過去帳”について、各宗派が、外部に閲覧させないよう所属寺院に呼びかけている。かつて、被差別部落出身者かどうかを確かめる身元調査に過去帳が利用されているとして閲覧禁止を周知したが、ここ数年、寺外に見せた事例が相次ぎ判明したためだ。」


とあります。


きっかけは、2014年5月に放送されたNHKのバラエティー番組『鶴瓶の家族に乾杯』で、俳優の谷原章介さんのルーツ探しのため「過去帳」を手がかりにするということで、浄土真宗本願寺派のお寺を訪ね閲覧を求め、住職が明治年間の「門徒明細簿」や「門徒戸数控」などの記録を開示する様子が放送されたものです。


かつて被差別部落の人の戒名に「賤」「隷」「畜」といった文字をあてて過去帳に記したり、被差別部落の人だけの過去帳が作られたりしたことがあったため、部落解放同盟から、「なぜ今回の問題がおきたのかの分析からはじめ、総点検をおこなう必要がある」ことを本願寺派に指摘して、差別の現実と向き合うなかで、教団全体の課題としてとりくみをすすめるよう求めました。


本願寺派はNHKに「お寺に行けば誰でも過去帳が閲覧できて、情報を得ることができると思わせた責任が大きく今回の放送が与えた影響は少なくない」と指摘し、NHK側は再放送の取りやめや今後の制作現場への周知を行い、本願寺派は、今回の閲覧禁止の周知、と至りました。


-------


私も家系図作成・先祖調査の業務を行っており、全国さまざまな宗派のお寺を訪ねています。

私は行政書士という国家資格者で、特に個人情報の取扱い遵守を法律で課されています。

そのため、住職にも多少は受け入れてくれやすくはなっていると感じています。

過去帳は一級の個人情報ですので、住職の対応はそれぞれです。
話し方や進め方はとても気をつけています。無理も言いません。


お寺では、真摯に先祖を敬う依頼人のお話しをして、住職が理解してくれた場合に限って過去帳を見せて頂いています。だいたい5人に4人の住職は見せていただけます。

特に檀家である本家筋の口添えがあればほぼ協力して頂けます。

これまで数百冊の過去帳を確認してきました。


ただいきなり「過去帳を見たい」と言ってお寺を訪ねる人は、結構大勢いるようです。

残念ながら悪質な業者(お金儲けのための家系図作成業者)もいて、以前、警戒されて、門前払いとなったことがあります。


しかし、多くの場合、対面して住職とお話が出来れば(特に住職は一瞬で相手を見抜きますので)、ほぼ受け入れて頂いています。
 

嘘なく誠実な対応を心掛けていかないといけないと、今回のニュースを見て改めて思いました。

 

聖徳太子の憲法十七条には感銘します

  • 2013.05.04 Saturday
  • 22:07

家系図作成・先祖調査の業務をやる上で、自ずと日本史を勉強することになります。

 

学生時代は、飛鳥時代、奈良時代、平安時代など遥か昔のように感じていましたが、いまや研究をすればするほど「少し前」くらいにしか感じなくなりました。

 

今日は聖徳太子の「十七条憲法」についてお話しします。

 

聖徳太子は600年代初頭に天皇を頂点とする中央集権の政治制度の整備を精力的に進めた人で、その立案力、組織力、行動力、実行力、管理能力はずば抜けています。

なかでも604年制定の「憲法十七条」は天皇制の絶対を示すとともに官人の心得を説くものですが、今の時代でも使える内容が示されており、本当に驚くばかりです。

 

以下、現代語訳で簡単に説明します。

 

第一条


人と争わずに和を大切にしなさい

 

第二条


三宝を深く尊敬し、尊び、礼をつくしなさい

(三宝とは、釈迦、その教え、僧のこと)

 

第三条


天皇の命令は反発せずにかしこまって聞きなさい

 

第四条


役人達はつねに礼儀ただしくありなさい

 

第五条


道にはずれた心を捨てて、公平な態度で裁きを行いなさい

 

第六条


悪い事はこらしめ、良いことはどんどんしなさい

 

第七条


仕事はその役目に合った人にさせなさい

 

第八条


役人はサボることなく早朝から夜遅くまで一生懸命働きなさい

 

第九条


お互いを疑うことなく信じ合いなさい

 

第十条


他人と意見が異なっても腹を立てないようにしなさい

 

第十一条


優れた働きや成果、または過ちを明確にして、必ず賞罰を与えなさい

 

第十二条


役人は勝手に民衆から税をとってはいけない

 

第十三条


役人は自分だけではなく、他の役人の仕事も知っておきなさい

 

第十四条


役人は嫉妬の心をお互いにもってはいけない

 

第十五条


国のことを大事に思い、私利私欲に走ってはいけない

 

第十六条


民衆を使うときは、その時期を見計らって使いなさい

 

第十七条


大事なことは一人で決めずに、必ず皆と相談しなさい

 

いかがでしょう?

 

「和」が何よりも大事だということ説いていますが、これこそ日本の精神の基礎だと思います。

 

当時の時代背景を言えば、その頃の中国は、巨大権力を持った随がありました。日本の統治は族制国家で、皇位継承権を巡っての豪族の対立があり、危うい状況にありました。

 

そのため、

聖徳太子は倭国(日本)が随の支配におかれないように日本の土台を築く必要性から中央集権国家の確立を目指した

のです。

 

改めて、聖徳太子は偉大な人だと感じませんか?

 

家系図作成 名字の90パーセントは地名と重なります

  • 2012.08.29 Wednesday
  • 23:58

名字はいろいろないわれはありますが、そのほとんどは地名からついたものです。

日本の名字の数は
29万種を超えています。
そして、この名字の90%が地名に重なります。

・地名から発祥した名字は全体の70
・名字にちなんで付けられた地名が20

これが「名字は地名から作られる」という所以です。

中世の武士の多くは、自分が支配する「名(みょう)」とよばれる領地の地名を名字にしていました。

つまり「名字」とは「領地の地名」といった意味になります。

では「字(あざな)」とは?

「字(あざな)」とは、実名以外に、成人男子が人との応対の際に名のった名です。

これは「通称」と呼ばれています。

平安時代末に武士のあいだで生まれた「通称」が名字になった、とも言われています。

そしてこの「字」も、居住する地や所領の地名や国司として任命された国名が用いられました。

これらを整理すると、『名字は地名と深く係わっている』と言えるのです。

多くの方の名字は、日本のどこかの地名と合致するのが分かると思います。

ご先祖さまに関心がある方は、家系図作成・先祖調査請負人のホームページをご参照ください。

大発見 最古の「戸籍」木簡見つかる

  • 2012.06.17 Sunday
  • 23:40
福岡県太宰府市は平成24612日、市内の国分松本遺跡で、人名や身分など戸籍の内容を7世紀末(飛鳥時代)に記録した日本最古の木簡が見つかったと発表。

木簡は、律令国家体制を整える大宝律令(701年)以前に作成されたとみられ、7世紀代にさかのぼる戸籍関連史料は初めてで、戸籍制度が、大宝律令以前から機能していたことを示す貴重な史料として注目されています。

古代日本では、大宝律令以前の法制度として、持統天皇が689年に「飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)」を制定し、翌690年に全国で「庚寅年籍(こういんねんじゃく)」が作られました。しかし、浄御原令の実態ははっきりせず、また庚寅年籍も現存していません。

今回の発見は、「浄御原令での戸籍・計帳制度がシステマチックに運用されていたことを示す第一級史料」であり、市では685701年の作成とみています。

木簡は長さ31センチ、幅8.2センチ、厚さ0.8センチ。最大で長さ60センチ程度、幅20センチ程度だったものを折って遺棄したものとみられています。
 
      

記載の内容
木簡には、行政単位の「嶋評(しまのこおり)」や冠位を表す「進大弐(しんだいに)」などの漢字が両面に墨で書かれています。

「評(こおり)」は大宝律令以前の地方行政単位「国・評・里」の一つで、後の郡に相当し、嶋評は現在の福岡県糸島市や福岡市西区に当たります。

この嶋評の里を対象に、1年間の人の異動を記録した帳簿で、筆跡から同一人物が書いた可能性があるとされています。

「戸主(世帯主)は 建部身麻呂(たけるべのみまろ)」、「その妹は、やおめ」など少なくとも16人分の名前が載っているほか、2160歳の健康な男子を指す「政(正)丁」、その中から徴発される兵員「兵士」や「丁女」(成年女性)などの身分や性別も記載されており、「老女之子」など続柄が分かる表現や、正倉院の戸籍と共通する「川部里(かわのべのり)」という里の名も記載されています。
               
【名前】
建部身麻呂(たけるべのみまろ)
占部赤足(うらべのあかたり)
白髪部伊止布(しらかべのいとふ)
建部小麻呂(たけるべのこまろ)

【身分など】
進大弐(しんだいに)(当時の冠位の一つ)
兵士
戸主(こしゅ)
丁女(健康な成年女性)

【続柄】
小子之母(しょうしのはは)(子供の母親)
老女之子(ろうじょのこ)(高齢の女性の子供)
戸主妹(こしゅのいもうと)

これほど詳細で、まとまった記録が見つかった例はほかになく、木簡が出土しないかぎり、実態は永久に分からないと言われていました。紙(木簡)の戸籍が後世に残ることはまれで、大変貴重な発見だといえます。

家系図作成 鈴木や佐藤などの十大姓の方で日本人の10パーセントを占めています

  • 2012.03.20 Tuesday
  • 00:00

現在の名字は29万種あるとされています。
しかし江戸時代以前の文献に出てくる名字の数は1万種余りにすぎません。
明治になってからの「名字必称令」により明治新姓として、多くの人が新たに名字を名乗り始めた結果、驚くほど名字が増えたのです。

さまざまな珍姓も生まれたのですが、名字はとても偏っていることが分かります。
というのも、鈴木、佐藤、田中、山本など「十大姓」と言われる名字を持つ人だけで、日本人の人口の10パーセント余りを占めるからです。
これらの名字が多い理由は別の機会にでも書きます

そして上位100位の名字をもつ者で日本の総人口の22パーセント余りにもなるといわれています。

日本人の名字の統計的調査としてもっとも信頼されているのは、佐久間ランキングという名字のランキング調査です。

佐久間ランキングについて興味のある方は、私のホームページに記載していますのでそちらをご参照ください。

 家系図作成・先祖調査請負人ホームページ

家系図作成 お寺の過去帳について

  • 2012.01.09 Monday
  • 00:01

私の手元には日本全国のお寺で撮影させていただいた、江戸時代(1600年代〜)の過去帳の画像があります。350年経っても和紙も墨もキッチリと残っているのは驚きです。

面会を許可していただき、時間をとって過去帳を一緒に調べていただいたご住職には感謝しかありません。「家系図を作りたい」というお客さまは、当然にご先祖さまへの感謝の念がありますので、それを感じてくれているからだと思います。

お寺の過去帳には他の檀家の名前も記載されています。ですので、当然お寺側の扱いは慎重になります。

過去帳の閲覧をお願いした際、ご住職の対応はだいたい次のいずれかになります。

1.私との面談の席で、机上に過去帳を出し一緒になって調べていただける。

2.面談の席に過去帳は持ってきてくれるが、ご住職が手元で調べてくれる。私はそれを見守る。

3.面談でいろいろな話はしてくれるが、過去帳を見る際は住職は別室に行き、私はその間部屋で待っている。

4.住職は出てこず(不在など)、奥様が過去帳を持ってきて、一人で調べさせてくれる。(ちなみに、ご住職は婿養子で奥様がその土地や檀家のことを良く知っている場合もあります)

5.こちらのお願いを完全に断る。訪ねても玄関先で断られる。理由は個人情報の漏えいの心配や、悪質な家系図作成業者ととられる場合などがあります。(実際、地方に行くと、悪質な家系図販売業者が訪問している声を聞きます)

宗派によっても対応はことなりますが、基本的にはご住職自身の考え方次第となりますが、ほとんどのご住職は1〜4の協力をしてくれます。

もちろん訪問の前には必ずお手紙を出して趣旨を説明し、電話でもお話をしてご協力をいただける回答をもらってから訪問します。
ご先祖さまの菩提寺であると、ほぼ分かった上での訪問となります。

ご住職はその地域の歴史をよく知っていますし、日本人として知っていることも多く、先祖調査を通して私自身勉強になることばかりです。また、文字や映像でしか接しない日本の史実(例えば戊辰戦争)をナマに知ることができ、歴史好きな私には本当に感慨深いものになります。あるお寺では、伊藤博文直筆の掛け軸を見せていただきました。

ご協力いただきましたご住職には、この場を借りてお礼申し上げます。

ご先祖さまに関心がある方は、家系図作成・先祖調査請負人のホームページをご参照ください。

家系図作成 あなたの先祖の職業は?

  • 2012.01.08 Sunday
  • 00:02

戸籍を超えた先祖調査では、明治期を遡り、江戸時代の菩提寺を探しだすことが大きな調査ポイントです。

何故ならそのお寺には、ご先祖さまの江戸時代の過去帳やお墓があるかもしれないからです。

あなたの家がいわゆる総本家であれば、昔から今も同じ菩提寺かもしれません。
しかし明治以降、本家から分家、さらに分家へと分かれ、お寺も新たな住所地の近くに変えていきました。そのため、先祖探しには江戸時代の本家の菩提寺を見つけ出すことになるわけです。

まずはあなたの本家や総本家は今その家なのかを見つけることから始まります。

最古の戸籍地周辺の同姓宅に手紙を出し、遠い親戚・本家探しを行います。
関係ある家が見つかれば、菩提寺を教えてもらい、そのお寺を訪ねる、というのがひとつの調べ方です。

ただ、実際そこまでに至る過程は簡単なことではありません。

本家の末裔はどの家か?

本当にそこが本家なのか?

本家や総本家の協力は得られるか?

菩提寺は分かるのか?

菩提寺(住職)の協力が得られるか?

過去帳は消失していないか、保存されているか?

多くの過去帳は下の名前しか書かれていない。そこから自家の先祖を探せるのか?

先祖の職業は何だったのか?

どのような暮らしぶりだったのか?

屋号は何か?

これらの詳細な調査方法は企業秘密ですが、粘り強い調査をすればヒントが見つかり、そこに歴史的な背景や伝承などを考え合わせながら、頭と足を使って調査を続けるうちにだんだんと判ってくるでしょう。

あなたにはご先祖さまの血やDNAが受け継がれています。

江戸時代のご先祖さまに思いを馳せるとあなたの人生観が変わってくるかもしれません。そして、受け継いでくれた血に感謝する気持ちが起きるでしょう。

ご先祖さまに関心がある方は、家系図作成・先祖調査請負人のホームページをご参照ください。

あらためて先祖調査、家系調査、家系図作りが注目されています

  • 2012.01.03 Tuesday
  • 00:04

2012年の大河ドラマは「平清盛」です。

平清盛は日本で初めて「武家による政治」を行った人ですね。
正確に言うと、日本で初めて「武家による朝廷のための政治」を行った、ということです。(日本で初めて「武家による武家のための政治」をやったのは「源頼朝」です)

さて、平氏は元暦2年(1185年)、壇ノ浦の戦いに敗れて滅亡しました。そして平氏の武士達は日本各地へ逃げ、身を隠しました。

ところで、

私は行政書士として家系図作成という仕事をやっています。特に他の家系図作成業者が真似できない戸籍を超えた家系調査を売りにしてやっています。

先祖調査では、日本全国、いろいろな所で現地調査を行います。

そんな中、「先祖は平家の落人だった」という言い伝えを持つ家が日本全国結構多い。東北、中国、九州での現地調査でよくあります。あらためて平氏武士団の多さを感じます。

調査では古いお墓を探しますが、平家落人を古い先祖に持つご先祖さまのお墓は、ほとんどが見つからないよう山の中にあります。
お墓に遭遇した際は、そのたたずまいの存在感に圧倒されます。

山の中なので、行くまでの山道は滑ったり崩れたり穴が開いたりと危険な場所がありますし、季節や時間帯によって、動物・昆虫・は虫類に出くわします。私が遭遇したのは、イノシシ、ニホンザル、ヘビ、クマンバチ、蚊の大群など。。お墓にいるハチやヘビなどは、お墓を護っているんじゃないかと感じます。

大災害に見舞われた2011年。
「絆」を認識させられました。

昨年末の1227日の産経新聞でも取り上げられていますが、先祖や家系、家系図、があらためて注目されています。

関心のある方は「家系図作成・先祖調査請負人」ホームページをご参照ください。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

行政書士萩本勝紀

profilephoto

コメント入力について

コメント入力は承認制にしました。内容によっては公開いたしません。お問合せある方は、当所宛にご住所・お名前を記入してメールをご送信ください。info@hagimoto-office.comまで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (05/08)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    萩本勝紀 (04/30)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (04/20)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    萩本 (07/12)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    MORIKANA (07/12)
  • 私の先祖調査は、NHKのファミリーヒストリーとも似通っていますが、異なる点があります
    萩本 (10/18)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM