家系図作成 お寺の過去帳について

  • 2012.01.09 Monday
  • 00:01

私の手元には日本全国のお寺で撮影させていただいた、江戸時代(1600年代〜)の過去帳の画像があります。350年経っても和紙も墨もキッチリと残っているのは驚きです。

面会を許可していただき、時間をとって過去帳を一緒に調べていただいたご住職には感謝しかありません。「家系図を作りたい」というお客さまは、当然にご先祖さまへの感謝の念がありますので、それを感じてくれているからだと思います。

お寺の過去帳には他の檀家の名前も記載されています。ですので、当然お寺側の扱いは慎重になります。

過去帳の閲覧をお願いした際、ご住職の対応はだいたい次のいずれかになります。

1.私との面談の席で、机上に過去帳を出し一緒になって調べていただける。

2.面談の席に過去帳は持ってきてくれるが、ご住職が手元で調べてくれる。私はそれを見守る。

3.面談でいろいろな話はしてくれるが、過去帳を見る際は住職は別室に行き、私はその間部屋で待っている。

4.住職は出てこず(不在など)、奥様が過去帳を持ってきて、一人で調べさせてくれる。(ちなみに、ご住職は婿養子で奥様がその土地や檀家のことを良く知っている場合もあります)

5.こちらのお願いを完全に断る。訪ねても玄関先で断られる。理由は個人情報の漏えいの心配や、悪質な家系図作成業者ととられる場合などがあります。(実際、地方に行くと、悪質な家系図販売業者が訪問している声を聞きます)

宗派によっても対応はことなりますが、基本的にはご住職自身の考え方次第となりますが、ほとんどのご住職は1〜4の協力をしてくれます。

もちろん訪問の前には必ずお手紙を出して趣旨を説明し、電話でもお話をしてご協力をいただける回答をもらってから訪問します。
ご先祖さまの菩提寺であると、ほぼ分かった上での訪問となります。

ご住職はその地域の歴史をよく知っていますし、日本人として知っていることも多く、先祖調査を通して私自身勉強になることばかりです。また、文字や映像でしか接しない日本の史実(例えば戊辰戦争)をナマに知ることができ、歴史好きな私には本当に感慨深いものになります。あるお寺では、伊藤博文直筆の掛け軸を見せていただきました。

ご協力いただきましたご住職には、この場を借りてお礼申し上げます。

ご先祖さまに関心がある方は、家系図作成・先祖調査請負人のホームページをご参照ください。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

行政書士萩本勝紀

profilephoto

コメント入力について

コメント入力は承認制にしました。内容によっては公開いたしません。お問合せある方は、当所宛にご住所・お名前を記入してメールをご送信ください。info@hagimoto-office.comまで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (05/08)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    萩本勝紀 (04/30)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (04/20)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    萩本 (07/12)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    MORIKANA (07/12)
  • 私の先祖調査は、NHKのファミリーヒストリーとも似通っていますが、異なる点があります
    萩本 (10/18)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM