明治16年の面白い新聞記事「女房の睾丸鑑定、殺人嫌疑晴れる」

  • 2018.07.16 Monday
  • 11:42

 

先祖調査では明治時代の新聞記事を調べることがあります。

 

平成28(2016)年6月19日のブログでも書きましたが、たまに『新聞集成明治編年史』を見ますが、たまたま、面白い(?)記事を見つけたので紹介します。

 

記事は、明治16(1883)年6月のもので「女房の睾丸鑑定、殺人嫌疑晴れる」というタイトル。

 

内容をまとめると、

------------------
志賀豊吉、小池定吉、鶴岡藤吉という3人が牛込門外の堀へ釣りに行ったところ、豊吉が筏(いかだ)から落ちておぼれて死亡。

 

警吏(警察官)が遺体を検視したところ、豊吉の睾丸が非常に膨れていたため、定吉と藤吉が睾丸を打つ、絞めるなど殺したと嫌疑。

 

豊吉女房のお花を呼んで話を聞いたところ、「夫豊吉の睾丸は近所の湯屋でも評判高く、このような亭主を持ったお花さんは幸福者だと、毎度女湯でうらやまれるほどの大睾丸です」と話したため、定吉と藤吉の嫌疑が晴れた、という記事。
------------------

 

明治時代の新聞を追っていると暗い記事も多いのですが、記者がこのような記事を載せて、庶民を和ませていたんじゃないかな、って感じます。

 

昭和50年代くらいまでの社会は、困難な中にもおおらかな時代だったと思います。

 

  明治時代の新聞記事タイトル  明治時代の新聞記事

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

行政書士萩本勝紀

profilephoto

コメント入力について

コメント入力は承認制にしました。内容によっては公開いたしません。またコメントにはご返答できないことも多いので、その点はご了承ください。お問合せある方は、当所宛にご住所・お名前を記入してメールをご送信ください。info@hagimoto-office.comまで

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM