ペット裁判 動物病院入院中に飼い犬が死亡 動物病院が勝訴した判例

  • 2013.11.04 Monday
  • 12:27


本日紹介する判例は、動物病院が勝訴した事例です。


平成18年10月19日東京地方裁判所判決 平成17年(ワ)第9630号


原告:飼い主
被告:動物病院を開設する会社及び獣医師


概要:


原告のシーズー犬(雄、およそ17歳、名前「ラリー」)が入院中の動物病院で死亡。
ラリーに必要な検査、治療をしないまま、強心剤その他必要のない薬剤を過量に投与した過失等があり、そのためにラリーはショック死するに至ったものであるとして、被告に対し、不法行為に基づき慰謝料500万円を求めた裁判。
※原告には夫、子どもがなくラリーを我が子のように慈しみ可愛がってきた


原告の主張:


ア)体力の衰えたラリーに大量の強心剤を投与した
イ)体温測定、血液検査及び心電図検査など検査義務違反
ウ)病名を特定しないまま必要のない薬剤を過量に投与した過失
エ)危篤状態になっても酸素吸入措置を行わなかった義務違反
オ)より適切な病院への転院や他の病院の協力を得ないことの義務違反
カ)被告に対する説明義務違反


被告の主張:


上記すべてを否定。
被告は詳細に薬剤や与えた分量、治療法、ラリーの状況などの証拠を提出。


判決:


原告(飼い主)の請求は棄却。
訴訟費用は原告の負担とする。


----------------------------


この裁判では、原告の主張すべてが否定されました。


裁判の内容を読んで分かることは、


‐攀

∋瑤じい稜齢(老齢かどうか)


この2点の重要性です。


特に,両攀鬚砲弔い董


原告が被告の過失を主張するのことは、非常に難しいことが分かります。
死亡に至る治療中、被告が病院にずっといることは当然ありません。
カルテや病院の請求明細(治療明細)や獣医の話など、証拠は被告当事者である病院から得る情報だからです。


裁判は、証拠が確からしいと裁判官が認められなければなりません。
病院側の証拠(言うことやカルテ記載内容)を覆すのは困難だと言わざるを得ません。


また、老齢になればさまざまな病気(持病)も現れ、体力も落ちています。
死亡を医師が予見できたかどうか、そこに年齢や持病がかかわってきます。


しかしペットの医療過誤による裁判では、獣医師側の責任を認める判決は近年数多く出ています。


もちろんそれぞれの裁判によって争点や状況は異なります。


裁判、特にペット裁判の判例を見ていて一つ感じることは、


裁判官“自身”がどう考えるか


この違いで判決文は変わります。


少子高齢社会、ペットトラブルの裁判はこれからまずます多くなるでしょう。


判例はこれから作られていく、


それがペット裁判だと言えます。 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

行政書士萩本勝紀

profilephoto

コメント入力について

コメント入力は承認制にしました。内容によっては公開いたしません。お問合せある方は、当所宛にご住所・お名前を記入してメールをご送信ください。info@hagimoto-office.comまで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (05/08)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    萩本勝紀 (04/30)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (04/20)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    萩本 (07/12)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    MORIKANA (07/12)
  • 私の先祖調査は、NHKのファミリーヒストリーとも似通っていますが、異なる点があります
    萩本 (10/18)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM