悪徳商法 先物取引商法とは

  • 2011.05.08 Sunday
  • 00:20

こんにちは、浦安の行政書士萩本勝紀です。

消費者を騙す悪徳商法について、悪徳商法を以下の6つに分類に分け、毎回一つずつご紹介しています。

【悪徳商法の分類】

1.
「家庭を訪問する」
2.
「街頭で声をかける」
3.
「会場や家庭に集めて行う」
4.
「友人・知人・先輩を通して行われる」
5.
「媒体を使って行う」
6.
「インターネットによって行なう」

今回は、5.「媒体を使って行う(主に電話を使って行われる)」悪徳商法の一つである「先物取引商法」を取り上げました。

先物取引商法とは

商品先物取引とは、将来の一定時期に商品を引き渡し、その代金を支払う約束のもとに、取引所において、買い付けまたは売り付けを行い、その時期が到来する前に転売または買戻しを行うことによって差金決済をする取引をいいます。

取引される商品は、大豆・トウモロコシ・砂糖・コーヒー豆・金・銀・白金・油(原油・灯油・ガソリン)・ゴムなどです。

業者に支払うのは売買代金ではなく、「委託証拠金」といって、実際の売買代金の1割か2割の金額です。利益が出れば大きいですが、損失が出た場合は、不足金を精算しなければならないリスクもあります。

商品先物取引が悪徳商法というのではなく、次のようなだましのトークをする悪徳業者もあるので注意してください。

「今○○を買っておけば、確実に1.5倍の利益が得られます」

○○を買うなら、今が絶好のチャンスです。1ヵ月ほどで確実に儲かります」

「資産運用しませんか。○○の国際価格が確実に上昇します。投資しておけば確実にもうけられます」

「ここだけの話です。今しかない話があります」

「ウチのお客さんが買った商品に膨大な利益が出ました」

「私はプロです。絶対に損はさせません、任せてください」

「銀行よりも有利です。1ヵ月だけ預けるつもりでどうですか」

このような甘いコトバで勧誘し、頻繁に取引をさせて、消費者のお金を使わせてしまうのです。

次回は「出資金商法」について説明します。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

行政書士萩本勝紀

profilephoto

コメント入力について

コメント入力は承認制にしました。内容によっては公開いたしません。お問合せある方は、当所宛にご住所・お名前を記入してメールをご送信ください。info@hagimoto-office.comまで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (05/08)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    萩本勝紀 (04/30)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (04/20)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    萩本 (07/12)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    MORIKANA (07/12)
  • 私の先祖調査は、NHKのファミリーヒストリーとも似通っていますが、異なる点があります
    萩本 (10/18)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM