パワーハラスメントの具体例

  • 2014.09.17 Wednesday
  • 23:42


最近、パワーハラスメントについて相談を受けることが重なったため、今回は久々にパワハラについて説明を加えます。
※前回のパワハラについての説明ブログはこちら


パワーハラスメントとは、


「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの“職場内の優位性”を背景に、“業務の適正な範囲を超え”て、精神的・身体的苦痛を与えるまたは環境を悪化させる行為」をいいます。


“職場内の優位性”とは、上司から部下へのものに限りません。後輩・先輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものも含みます。


“業務の適正な範囲を超え”は、微妙なところです。
業務上必要な指示、指導や注意により本人が不満を感じても、業務上適正な範囲で行われていればパワーハラスメントにはあたらないとされています。


しかし、このようなパワハラの定義より、パワハラについては裁判で認定されたいくつもの判例があります。

以下の具体的なパワハラ行為(言動)を見れば、より分かりやすいと思います。


1.身体的な攻撃


・書類を投げつける
・机やそのへんにあるものを蹴り飛ばす
・机を叩く
・胸ぐらをつかむ


2.精神的な攻撃


’塾呂筌ャリアを否定する(言葉)


・使えねぇな
・マネージャー(主任、課長など)として失格だな
・代わりはいくらでもいるんだよ
・何年仕事をしているんだ

・●●が分からないのか、勘弁してよ

・そんなことまで言わなきゃならないのか
・これまで何やってきたんだ


つまり不当に低い評価をすることです。


侮辱的な攻撃(言葉)


・アホ、馬鹿、間抜け、ノロマ、グズ、優柔不断
・何度も言ってるだろ、頭悪いな

・「このやろう」などと怒鳴りつける

・肩にフケがベターとついている。お前病気と違うか

・そんなこともできねぇのかよ。バカかよ


性格の非難や家族の悪口も含みます。


差別的な攻撃(言葉)


・男のくせに、女のくせして
・学校で何学んできたんだ
・何をやらせてもダメだな
・育ちが悪い


じ朕妖な価値観による言葉


・達成できないのはサボりだ
・問題が起こるのは管理のやり方が悪いんだろ
・根性がない
・子供でもできる

・ようはやる気がないんだろ


3.人間関係の切り離し


・挨拶を返さない
・返事をしない
・無視する
・お前の意見は聞いていない


4.過大な要求


・過大な業務の押しつけ(嫌がらせ)
・使いっぱしりなど、私用を言いつける
・飲酒などの強要


5.過小な要求


・情報を与えない
・一方的な業務変更、頻繁な業務変更
・決裁をしない、難癖をつけて突き返す
・研修から外す、行かせない
・会議に参加させない


6.個への侵害


・どんな育てられ方をしてきたんだ
・結婚はあきらめてるのか
・つきあってる男(女)はいるの
・髪型変えたけど失恋か
・休みは何してるの

・頻繁な(私的な)使いっ走り



自身が受けていることがパワハラなのか悩んだり、

上司関係で言い出せなかったり、

自分が悪いと自分を責めたり…



こう思ったら、ほぼパワハラそのものであるか、パワハラの入口に立っていると言えます。


職場でも、会社でも、外部機関でも、専門家でも、誰かに相談をすることです。

他人は慰めや優しい言葉をかけてくれるかもしれませんが、結局、自分は自分で守らないと誰も守ってくれません。

こんなやつら”が原因で、あなた自身が精神的な病気になるなんて馬鹿らしいと思いませんか。


私の経験からひとつ確実に言えることは、パワハラや人をおとしめた人には必ずしっぺ返しが起こります。

現象はさまざまです。

本人に降りかかるなら自業自得ですが、ときにその奥さんや子に禍(わざわい)が起こります。

ひどいのになると、病死や不慮の事故(交通事故など)による死です。


人を尊重し、人のこころを大切にする、その人徳は必ずかえってきます。



悲しいパワハラ加害者たち

  • 2008.08.28 Thursday
  • 18:29

 

上司が、職務上の地位や影響力を背景に、部下に対していじめや嫌がらせを行う「パワー・ハラスメント」は社会的問題になっています。

『職場のいじめ撃退法』の著者、イギリスのティム・フィールドは、パワハラする加害者の性格を

・短絡的思考
・横柄
・不誠実
・何でも知っているような態度をとる
・人の話が聴けない
・意気地なし

の傾向があると述べています。

また『職場いびり アメリカの現場から』の著者、アメリカのノア・ダベンポートは、

・よこしまな性格
・強迫観念に基づく利己主義
・自己陶酔的な性格

と述べています。

加害者の性格としては、

1.日頃から権威的・支配的で、パワーゲーム(自分の優位性を誇示する)をする傾向がある
2.自分を防衛することが起こったときはさらに攻撃的になる
3.自己愛が強く、他者への共感性が欠如している
4.闘争心が強く、競争を好み、弱肉強食をモットーとする

がみられます。

加害行為の例としては、

・根拠のない批判を繰り返す
・無視する
・職位や権限を奪う、降格させる、異動させる
・責任だけを課す
・孤立させる
・冷淡な態度をとる
・極端に低い評価をつける
・他社員の前であえてどなりつける
・嘲笑、侮辱する
・業績を過小評価する
・必要な情報、知識、許可、サポートを与えない
・回覧物を飛ばす
Eメール含め、コミュニケーションを制限する
・過剰労働させる
・わざと無理な期限を与える
・予定を知っていて急な仕事を課す
・わざと何度もやり直しをさせる
・緊急でないのに、連絡を入れる(夜、休日、有休中など)
・攻撃的な態度で大声を出す
・他人のミスの責任を負わせる
・差別、えこひいきをする
・見せしめを作り、周りを萎縮させる
・外堀を埋め、逃げられない状況に追いやり批難する

など、挙げられます(一例です)。

パワハラの加害者は、支配力が強く、人を思いどおりに動かさないと気がすみません。
自分が一番だと考え、ほとんどの人間をに見ます。

 

また、上記のような直接的な加害行為に加えて、間接的で陰険な方法を取ることもあります。

しかしこのような加害者は、仕事や業績を立派にあげる社員であることも多いのです。

周囲を陥れるため、結果自分が優位に立つ、という場合も多いのですが。。

上にうまく取り繕うため(表面的なごますり)、パワハラ者が評価されるから厄介です。

そのため、会社内での人事的扱いは非常に難しくなっています。

 


私の好きなコトバは『実るほど 頭を垂れる稲穂かな』です。

徳を積んだ人ほど謙虚さを持ち合わせています。

 

権威に奢ったヒト

人を蔑む心を持ったヒト

自分の都合で人を扱うヒト

怒り、怒鳴リ、をコントロールできないヒト

 

このような人間を私は許せません。

「クズ」だとさえ思っています。


そして、そういう人は遅かれ早かれ必ず「しっぺ返しが来る」と確信しています。

社会人25年の間に見てきた真実です。

時にそれは「家族の死」など、本人ではなく、思わぬカタチで表れます。
 

『ヒトのこころ』を大切にして生きること…

これに尽きると思います。

 

「真心」

 

好きな言葉です。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

行政書士萩本勝紀

profilephoto

コメント入力について

コメント入力は承認制にしました。内容によっては公開いたしません。お問合せある方は、当所宛にご住所・お名前を記入してメールをご送信ください。info@hagimoto-office.comまで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (05/08)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    萩本勝紀 (04/30)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (04/20)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    萩本 (07/12)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    MORIKANA (07/12)
  • 私の先祖調査は、NHKのファミリーヒストリーとも似通っていますが、異なる点があります
    萩本 (10/18)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM