「あなたの名前で先祖がわかる」  2018年5月30日発売 萩本勝紀著

  • 2018.05.18 Friday
  • 14:34

 

「戸籍を超えた先祖調査」の実務経験をベースに、私(萩本勝紀)のノウハウすべてを公開した本を出すことになりました。

 

題 名 あなたの名前で先祖がわかる

著 者 萩本勝紀(はぎもとかつとし)

    行政書士・姓氏研究家・保育士

出版社 株式会社BABジャパン

発売日 2018年5月30日 

金額  @1400円+税

 

        あなたの名前で先祖がわかる 萩本勝紀

 

これまで講座受講者からたくさんの要望があり、それにも応えるものです。

 

単なる家系図の書き方や先祖調査の方法、といっただけのハウツー本にしたくなかったので、ほかの専門家の本と異なる内容をたくさん入れています。

 

目次は次のような感じです。

 

序章 その気持ちはご先祖様に通じている
 見えない力
 不思議な体験(6つのエピソード)
 ご先祖様からの働きかけ

 

第1章 あなたと先祖
 先祖がいたからあなたがいる
 先祖とあなたの職業に見る共通性
 「糸」とDNAの不思議
 先祖代々の遺伝子
 輪廻転生から考える

 

第2章 先祖調査という時間旅行の前に
 4つの「サイトウ」さんの違いは?
 都道府県名のうち、苗字になっていないものは?

 「家」制度とは
 家紋を知る
 家に残る言い伝え
 先祖にたどり着けない場合
 どのような古文書を探すか
 住職もいろいろ

 

第3章 名字と名前から先祖を知る
 姓、氏、名字とは?
 日本の四大姓「源平藤橘」
 名字の大移動
 なぜ名字は二文字が多いのか?
 名字の由来を知る
 明治期以降の名字について
 名前の歴史

 

第4章 先祖調査は戸籍集めから
 先祖調査のスタートは戸籍集め
 戸籍の歴史を知る
 戸籍謄本、除籍、改製原戸籍とは?
 戸籍謄本の集め方
 具体的な戸籍の請求方法
 市町村の合併を確認する
 戸籍のたどり方の例

 

第5章 戸籍を超えた調査の方法 <事前調査>
 文献調査
 郷土の役所に問い合わせる
 博物館、歴史館、史料館、文書館などに問合せる
 同姓宅に手紙を出す
 お寺(菩提寺)に手紙を出す

 法務局に旧土地台帳を請求する

 

第6章 戸籍を超えた調査の方法 <現地調査>
 現地調査で行うこと
 現地調査で必要なもの
 現地調査の際の宿と食事について

 

第7章 家系図を描き方
 家系図の書き方は千差万別
 ヨコ型家系図とタテ型家系図
 どちらの構図で書くか
 どこまで記載するか
 タテ型家系図の書き方

 

最終章 先祖を知ると明日が変わる
 道は開ける
 ヒトの起源と日本人の起源
 日本人の先祖が生んだ文化と特性
 先祖からのメッセージ

 

いかがでしょう。

 

目次からだけでも、単なる「家系図作成」「先祖調査の方法」だけではなく、名字、名前、魂、輪廻転生、遺伝子、DNA、日本人の心、といったことを重視していることがわかりますでしょうか。

 

ご自身は何者か、ご先祖様はどんな人か、どんな暮らしをしていたのか、どんな苦難を生き抜いてきたのか…

 

ご先祖様とのかかわりが気になる方は、是非、手に取って頂きたいと思います。

 

先祖を知れば明日が変わるでしょう。

 

あなたのルーツを、一度、考えてみませんか?

 

家系図作成・先祖調査請負人のサイトこちらも参考にしてみてください。

 

TBS「この差って何ですか?」で、私が所蔵している壬申戸籍が使われました!

  • 2018.04.14 Saturday
  • 18:22

 

2018年4月10日(火)放送のTBS「この差って何ですか?」の番組の中で、私が所蔵している壬申戸籍が使われました。

 

『人を数える時に使う「人」と「名」の差について』の疑問でのこと。

 

回答は『個人を特定できない場合は「人」、個人を特定できる場合は「名」を使う』とのこと。

 

個人を特定できない場合「人」の例

 

携帯ショップの待ち人数は、順番待ちの段階ではどんな人が待っているのか個人を特定できないので「8人」。
ライブの観客数は一人ひとりの名前を確認したりできないから「7,000人」。
ドラマのエキストラ募集人数はどんな人が集まるのか募集の時点では個人を特定できないから「1,000人」

などと「人」を使う、と。

 

個人を特定できる場合「名」の例

 

飲食店の順番待ちの人数は、店員がお客の顔を見たり待機リストで名前を確認したりして個人を特定できるので「2名」。
ライブの出演者は一人ひとり名前がわかっていて個人を特定できるから「46名」。
TBS社員数は誰が社員なのか個人を特定できるから「1,072名」

などと「名」を使う、と。

 

もともと日本ではすべて「人」で数えており、「名」が使われ始めたのは明治時代とのことです。

(確かに、私がこれまでに見た江戸時代の古文書はすべて「人」でした)

 

明治15年に定められた”陸軍報告例”には、人数はすべて「名」で書くように示されていて、軍隊で使い始められたのではないかと、番組では言っていました。

 

明治5年、明治政府は国民一人ひとりの名前・年齢・住所を把握するため戸籍を作りました。

個人を把握して“徴税・徴兵・教育”を行うのが目的です。

この時作られた戸籍が『壬申戸籍』ですが、この説明の時に、私の『壬申戸籍』が表示されました(以下)

 

 

 


ちなみに、私も「何人」と「何名」の差は知らずに使っていました。。

勉強になりました!


私のホームページで壬申戸籍を紹介しています → 家系図作成・先祖調査請負人
 

 

「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!

  • 2016.06.19 Sunday
  • 17:10


ヤフオクで『新聞集成 明治編年史 全15巻』を手に入れました。

 

幕末の文久2(1862)年から明治45年までの新聞記事を集めたものです。

 

歴史書で見る史実が「その時」どのように報じられていたかが分かる興味深いものです。

 

それだけでなく今では考えられないような社会記事が実は面白いです。

 

例えば「70歳の老婆が子どもを出産」とか、「銭湯に服一式の忘れ物、裸のまま帰ったのか」など、ありえない話や、ばかばかしい記事が豊富です。

 

かなりのボリュームなので見るのは大変ですが、面白い記事は、『家系図作成・先祖調査請負人』のホームページで紹介していく予定です。

 

新聞集成 明治編年史

 

新聞集成 明治編年史

 

 

英国人の先祖調査専門家と対談しました

  • 2016.04.10 Sunday
  • 19:16

都内某ホテルで、英国の「Society of Genealogists (系図の学会)」に所属し、系図・家系の研究と先祖調査の仕事をしている英国人専門家と対談しました。

私が日本で行っている「家系図作成・先祖調査」とまさに同じ仕事を、英国で行っている方です。
会う前からとても楽しみにしていました。

いろいろ話をしてみると、

戸籍での遡り、文献調査、古文書調査、墓石調査、現地調査、歴史研究、苗字の性格、調査で感じること、苦労してること、大切にしてること、勘やインスピレーションが調査結果を左右すること、などなど...

私とやってること、思ってること、感じてることがほぼ同じで、かなり驚きました。
国は関係ないんだな、と。
私は会社員時代の30代、イギリスに住んだことがあるのでなおさら親近感がありました。

私の所蔵している『宗門人別帳』や『壬申戸籍』『検地帳』などを持参したところ、とても興味を持って話を聞いてくれました。

当日は通訳の方もついてくれたのですが、難解な通訳を的確にしてもらい、とても助かりました。
今後メールなどで交友できれば、と思ってます。


英国人研究家との対談

興味深い対談でした。




 

私の先祖調査は、NHKのファミリーヒストリーとも似通っていますが、異なる点があります

  • 2015.07.25 Saturday
  • 13:53


私は先祖調査の仕事をしているので、たまにNHKの「ファミリーヒストリーと同じようなことをしているのですか?」と聞かれます。


「ファミリーヒストリー」は有名人の先祖調査の番組で、私も毎回必ず見ています。


ファミリーヒストリーと私の調査は、結果から言えばかなり近いものです。番組を見ている限り、行っている手順や手法、方法はほぼ同じだと言えます。


ただファミリーヒストリーは、“家族史”と訳される通り、どちらかと言えば明治後期〜大正、昭和という、割と最近の先祖調査(TVですので現存の証人のインタビュー映像を入れる等)をメインにしています。
特に本人の1〜2代前、つまり父母やその祖父母の生い立ちや人となりが中心です。


私が行っているのは、江戸時代〜明治(まれに平安・鎌倉時代まで)という少し古い時代の先祖の名前・職業・暮らしぶりの調査や苗字の由来をメインとしているので、この点が違っています。


テレビになると、江戸時代までの調査で、古文書がどうだ、先祖は村で何をしていた、豪農だった、下級武士で何をしていた、などと言っても、番組としては面白味に欠けるでしょう。
やはり生き証人やその友人・知人が登場して、故人の人柄を語る方が共感が得られます。


私は、お客さまの古い先祖(場合によっては平安・鎌倉時代まで)を調査していますので、より学問的な要素が加わってきます。この点も異なる点かな、と思っています。


それとNHKのように海外の調査取材までは費用的にできません。

それにNHKだったら入れる省官庁の保管庫の資料は見ることができません。


TVクルー数人で行っているNHKの先祖調査費用はだいたい想像がつきます。親方日の丸ならではで、個人的にはうらやましい限りです。


しかし私の調査でも、お客さまの先祖の情報はほとんどの方でわかっています。


専門性と学問をベースに経験・ノウハウと勘が必要となる作業です。
日本でナンバーワン、オンリーワンになるため日夜研究と勉強を続けています。
ここでいう勉強とは、姓氏学、歴史学、漢字学、古文書学、民俗学、文化人類学、形質人類学、分子生物学、考古学といった学問のことです。


戦国時代、江戸時代〜幕末〜明治という激動の時代

家を護り、家系を繋げてきたご先祖様


先祖調査を行うと、依頼人(お客様)と先祖のDNAに刻まれている似たもの(例えば職業が通じる)を感じることがあります。不思議なものです。


この仕事が出来て本当に幸せだと感じています。

いわば私のライフワークです。


先祖調査に必要な知識と能力

  • 2015.06.13 Saturday
  • 15:49

 

私は行政書士でもあり姓氏研究家でもあります。

苗字の歴史は家系の歴史です。

日本の歴史も、結局、私たち一人ひとりの歴史が集まったものです。


私が行っている「家系図作成・先祖調査」を深めていくと、
いわば「ルーツ(祖先)探訪」の領域に入ります。


「ルーツ(祖先)探訪」は学問の領域とも言えます。


ここで必要となる学問とは、


・姓氏学
・歴史学
・漢字学
・古文書学

・民俗学
・文化人類学
・形質人類学
・分子生物学
・考古学


といった分野になります。


私は、これらの学問に傾聴することで
他の家系図作成・先祖調査業者との差別化を図っています。

日々勉強の連続です。


学問に加え、先祖調査でもっとも必要な能力…


それは「対人力」です。
いわゆるコミュニケーション能力です。


先祖調査では非常に多くの方と会います。

話す内容はもちろんですが、話し方や接し方、印象はとっても重要です。

何より短時間で、信頼・信用して頂かなくてはいけません。


学問の追求と研究、そして対人能力、

この両面を磨きながら、先祖調査という困難な業務に専念しています。


初めて来た所だと思えない、どこかで会ったような気がする…

  • 2015.05.16 Saturday
  • 17:25


私は行政書士ですが、姓氏研究家でもあります。

行政からの依頼で家系図講座の講師もしています。

(講師実績:東京都葛飾区、川崎市高津区、東京都府中市など)


講座の中では、受講者に対し、次のような質問をします。


◆あなたは、こんなことを「思った」「感じた」ことがありませんか?


・初めて来た所だと思えない

・あの人とは会った瞬間から合う

・あの人にはなぜか弱い、苦手だ

・この人にはどこかで会ったような気がする

・日本人の家系なのに、なんで外国人のような顔なんだろう

・天皇、皇族には特別な気持ちが生じる


どうでしょう、経験ありますか?

これらは、私も不思議に思ったり感じたりしてきました。


実は、 姓氏・名字の由来、日本人の起源を研究し、実際の先祖調査をしているうちに、私の中である結論に至りました。


詳しくは講座の中で説明していますが、それは

先祖=遺伝子(DNA)が関係している…


ということです。

別にスピリチュアルな世界で話をしているわけではありません。
 

「日本人の起源」、「日本の歴史」、「名字の由来と派生」

「日本の歴史」と言っても、それは一人ひとりの歴史が集まったものです。

「名字の由来」も、元を辿っていくと少数の人がスタートになります。

究極的な話をすれば、現在の地球上の人間(ホモ・サピエンス)は、全員、約20-10万年前にアフリカに生息した、たった一人の女性のDNAの子孫だということです。

近年のDNA解析によって、生物の驚くべき事実が明らかになっています。

現生人類の起源は、以前は「多地域進化説」でしたが、DNA解析が進んだ今は、「アフリカ単一起源説」が定説です。

分子生物学という分野です。


世界にいる72億5千万人が、たった一人の女性のDNAの子孫だという事実…

これを知ると世界観が変わります。


私たち一人ひとりの遺伝子には、祖先、先祖の“情報”が刻まれ受け継がれています。


それが先ほどの疑問の回答につながるのです。
 

興味がある方は、こちら↓も参考にしてください。
萩本勝紀の家系図作成講座


以上

 

都道府県名の中で名字としていないのは?

  • 2015.05.10 Sunday
  • 16:32


「名字(苗字)の8割は地名からつけられた。」

というこことを知っている人もいると思います。
 

名字の中で都道府県と同じ名称を持つ人は少なくありません。
例えば、香川さんや山梨さんなど、
皆さんのまわりにも何人かいるのではないでしょうか。

 

では、都道府県名と同じ名字を、多い順に第10位まで挙げてみましょう。

1位.山口
2位.石川
3位.宮崎
4位.千葉
5位.福島
6位.福井
7位.長野
8位.福岡
9位.宮城
10位.秋田


 

どうですか? 3〜4人くらいは身近にいませんか?



では次に、

47都道府県の中で名字としては使われていない都道府県があるのですが、皆さんは何処だと思いますか?

 

それは…


・北海道
・愛媛
・沖縄


の3つです。


何故、この3つの道県の名字はいないのでしょうか?


名字は、

明治3(1870)年に「今後、平民に苗字の使用を許す」という平民苗字許可令が布告され、

明治5年2月1日に「戸籍法」が施行され、

日本で初めて本格的な戸籍制度が開始されました。
この時に作られた戸籍を「明治5年式戸籍(壬申戸籍(じんしんこせき)」といいます。

しかし名字の登録が進まなかったため、さらに明治8(1875)年2月13日の「平民苗字必称義務令」によって、すべての国民に苗字(名字・姓)を名乗ることが義務付けられました。

そして国民全員が名字を届け出ることになりました。



この時、名字を新たに付けた人も大勢います。
上述のとおり、地名から名字を取るのは一つの名付けの方法でした。

実は、


北海道

愛媛

沖縄
 

 

は、この戸籍制度ができた後に誕生した名称(地名)なのです。

 

つまり、名字が発生したときや、明治の戸籍制度の開始時、名字を届け出るときに無かった(もしくは直前に生まれた)地名は、名字として使われることもなかった訳です。

 

確かに、北海道さん、愛媛さん、沖縄さん、は聞いたことがありませんね。

(但し北海さんという名字はあります。)
 

もう一つ“京都(きょうと)”についてですが、、
 

京都府は戸籍制度の少し前に誕生した名称です。
そのため一般に浸透していなかったため、名字に付けた人はいません。

京都(きょうと)さんは聞きませんね。
 

しかし九州に若干名、例えば福岡県に11件、佐賀県と熊本県に各1件の京都さんはいます。また兵庫県にも1件の京都さんがみえます。 ※件数は2014年の電話帳データより
読み方は“きょうと”さんではなく“みやこ”さんといいます。

福岡県豊前地方に京都(みやこ)郡があるのですが、おそらくこの地名が発祥でしょう。

 

 

姓氏は出自・由緒につながる面白い研究なのです。


 

以上


※戸籍制度については、こちらも参考にしてみてください → 戸籍の変遷

※壬申戸籍については、こちらを参考にしてみてください → 壬申戸籍

 

※明治初年からの名字の歴史については、こちらを参考にしてみてください → 明治の苗字

 

 

「過去帳は部外者に見せないで」というニュースに対して

  • 2014.05.24 Saturday
  • 01:51

先日(2014/5/16)のニュースに 「過去帳は部外者に見せないで 差別懸念、各宗派が周知」 という記事がありました。
 

記事によれば、

「寺の檀(だん)信徒の戒名(法名)や死亡年月日などを記した“過去帳”について、各宗派が、外部に閲覧させないよう所属寺院に呼びかけている。かつて、被差別部落出身者かどうかを確かめる身元調査に過去帳が利用されているとして閲覧禁止を周知したが、ここ数年、寺外に見せた事例が相次ぎ判明したためだ。」


とあります。


きっかけは、2014年5月に放送されたNHKのバラエティー番組『鶴瓶の家族に乾杯』で、俳優の谷原章介さんのルーツ探しのため「過去帳」を手がかりにするということで、浄土真宗本願寺派のお寺を訪ね閲覧を求め、住職が明治年間の「門徒明細簿」や「門徒戸数控」などの記録を開示する様子が放送されたものです。


かつて被差別部落の人の戒名に「賤」「隷」「畜」といった文字をあてて過去帳に記したり、被差別部落の人だけの過去帳が作られたりしたことがあったため、部落解放同盟から、「なぜ今回の問題がおきたのかの分析からはじめ、総点検をおこなう必要がある」ことを本願寺派に指摘して、差別の現実と向き合うなかで、教団全体の課題としてとりくみをすすめるよう求めました。


本願寺派はNHKに「お寺に行けば誰でも過去帳が閲覧できて、情報を得ることができると思わせた責任が大きく今回の放送が与えた影響は少なくない」と指摘し、NHK側は再放送の取りやめや今後の制作現場への周知を行い、本願寺派は、今回の閲覧禁止の周知、と至りました。


-------


私も家系図作成・先祖調査の業務を行っており、全国さまざまな宗派のお寺を訪ねています。

私は行政書士という国家資格者で、特に個人情報の取扱い遵守を法律で課されています。

そのため、住職にも多少は受け入れてくれやすくはなっていると感じています。

過去帳は一級の個人情報ですので、住職の対応はそれぞれです。
話し方や進め方はとても気をつけています。無理も言いません。


お寺では、真摯に先祖を敬う依頼人のお話しをして、住職が理解してくれた場合に限って過去帳を見せて頂いています。だいたい5人に4人の住職は見せていただけます。

特に檀家である本家筋の口添えがあればほぼ協力して頂けます。

これまで数百冊の過去帳を確認してきました。


ただいきなり「過去帳を見たい」と言ってお寺を訪ねる人は、結構大勢いるようです。

残念ながら悪質な業者(お金儲けのための家系図作成業者)もいて、以前、警戒されて、門前払いとなったことがあります。


しかし、多くの場合、対面して住職とお話が出来れば(特に住職は一瞬で相手を見抜きますので)、ほぼ受け入れて頂いています。
 

嘘なく誠実な対応を心掛けていかないといけないと、今回のニュースを見て改めて思いました。

 

聖徳太子の憲法十七条には感銘します

  • 2013.05.04 Saturday
  • 22:07

家系図作成・先祖調査の業務をやる上で、自ずと日本史を勉強することになります。

 

学生時代は、飛鳥時代、奈良時代、平安時代など遥か昔のように感じていましたが、いまや研究をすればするほど「少し前」くらいにしか感じなくなりました。

 

今日は聖徳太子の「十七条憲法」についてお話しします。

 

聖徳太子は600年代初頭に天皇を頂点とする中央集権の政治制度の整備を精力的に進めた人で、その立案力、組織力、行動力、実行力、管理能力はずば抜けています。

なかでも604年制定の「憲法十七条」は天皇制の絶対を示すとともに官人の心得を説くものですが、今の時代でも使える内容が示されており、本当に驚くばかりです。

 

以下、現代語訳で簡単に説明します。

 

第一条


人と争わずに和を大切にしなさい

 

第二条


三宝を深く尊敬し、尊び、礼をつくしなさい

(三宝とは、釈迦、その教え、僧のこと)

 

第三条


天皇の命令は反発せずにかしこまって聞きなさい

 

第四条


役人達はつねに礼儀ただしくありなさい

 

第五条


道にはずれた心を捨てて、公平な態度で裁きを行いなさい

 

第六条


悪い事はこらしめ、良いことはどんどんしなさい

 

第七条


仕事はその役目に合った人にさせなさい

 

第八条


役人はサボることなく早朝から夜遅くまで一生懸命働きなさい

 

第九条


お互いを疑うことなく信じ合いなさい

 

第十条


他人と意見が異なっても腹を立てないようにしなさい

 

第十一条


優れた働きや成果、または過ちを明確にして、必ず賞罰を与えなさい

 

第十二条


役人は勝手に民衆から税をとってはいけない

 

第十三条


役人は自分だけではなく、他の役人の仕事も知っておきなさい

 

第十四条


役人は嫉妬の心をお互いにもってはいけない

 

第十五条


国のことを大事に思い、私利私欲に走ってはいけない

 

第十六条


民衆を使うときは、その時期を見計らって使いなさい

 

第十七条


大事なことは一人で決めずに、必ず皆と相談しなさい

 

いかがでしょう?

 

「和」が何よりも大事だということ説いていますが、これこそ日本の精神の基礎だと思います。

 

当時の時代背景を言えば、その頃の中国は、巨大権力を持った随がありました。日本の統治は族制国家で、皇位継承権を巡っての豪族の対立があり、危うい状況にありました。

 

そのため、

聖徳太子は倭国(日本)が随の支配におかれないように日本の土台を築く必要性から中央集権国家の確立を目指した

のです。

 

改めて、聖徳太子は偉大な人だと感じませんか?

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

行政書士萩本勝紀

profilephoto

コメント入力について

コメント入力は承認制にしました。内容によっては公開いたしません。お問合せある方は、当所宛にご住所・お名前を記入してメールをご送信ください。info@hagimoto-office.comまで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (05/08)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    萩本勝紀 (04/30)
  • 「新聞集成 明治編年史 全15冊」買いました!
    nanaco (04/20)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    萩本 (07/12)
  • 事実婚のメリット、デメリット
    MORIKANA (07/12)
  • 私の先祖調査は、NHKのファミリーヒストリーとも似通っていますが、異なる点があります
    萩本 (10/18)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM